Porcelain

by Hanna

(Mary Katrantzou‘s Fall 2011 collection as presented at London fashion week. Photos by Yannis Vlamos of GoRunway.com via Style.com. ) Drawing on the model from anders-anziehen, I’ve decided to try writing this blog bilingually. If you see any problems with the English or the Japanese (since I tried to write them at the same time), please comment!

In general, different cultures provide inspiration for art, thought, and creativity. Specifically, East Asia as a whole has long been inspirational for Western creativity. Might this be because of the fondness Westerners have for East Asian design and products? At least Western fashion seems to indicate a continuing view to East Asia as the source of luxury.

(ロンドン・ファション・ウィークで発表されたMary Katrantzou(日本語の読みは?)の秋2011年コレクションです。写真はStyle.comで見たGoRunway.comのYannis Vlamosによります。)アンダース・アンツィーヘンのデザインを見て、私もブログをバイリンガルで書いてみようと思いました。もし英語か日本語の問題が見えたら、(同時に書いていたから)コメントしてください!

だいたい、他文化は芸術や思想や想像のインスピレーションになると思います。具体的に言うと、昔から東アジアがよく西洋の創作のためのインスピレーションになっています。それは、東アジアのデザインや製品は西洋人に好まれているからでしょうか?少なくとも西洋のファッションを見ると、東アジアは贅沢で溢れているイメーギがあるようです。

Mary Katrantzou’s recent show in London mixed the ideas of silk and porcelain to create fashion. Although this collection is heavily orientalist, it seems more interesting and less off-putting than Marc Jacob’s show last year for Louis Vuitton Spring 2011.But where is the line between kitsch, tongue-in-cheek, and good taste?  Can good come from orientalism or should we avoid it in the post-colonial age?

Certainly, as a student of noh theater, I feel like I need to be a little more critical of my approach towards Japanese and East Asian culture. So, let me hear what you think!

Also, see Miss Moss’s comparisons with actual porcelain patterns, and the Sartorialist’s photo that shows how this might actually be worn on the street.

Mary Katrantzouが最近ロンドンで発表したショーの写真で、シルクと陶器のイメージを混ぜたファッションが見えました。オリエンタリズムが濃厚なコレクションであっても、去年のMarc Jacobsがデザインしたルイ・ブィトンの春2011コレックションより面白いし、それほど当惑させないと私が思います。でも、キッチュとこっけいと気品の間の線はどこにあるでしょうか?オリエンタリズムのいい面もあるか、ポストコロニアリズムの時代にもう避けた方がいいですか?

能楽を勉強している学生として、日本と東アジアの文化への取り組みを批判的に考えた方がいいと私は思います。だから、意見を聞かせてください!

また、ミス・モスが実際の陶器と比較したイメージも、実際に道でどう着られるのかと分かるようなサルトリアリストの写真も見てください。

About these ads